酵素とは

現代人は皆酵素不足?

生産できる量が一定に定められている「潜在酵素」から「消化酵素」と「代謝酵素」が作られるので、「消化酵素」を節約することが「代謝酵素」の生産量を多くするカギになります。

 

では、「消化酵素」の無駄使いをなくすにはどうしたらいいのでしょうか?

 

さきに体内の酵素について説明しましたが、実はあらゆる食物の中にも酵素は存在しているので、食物を食べることで酵素を取り入れ、「消化酵素」の手助けをすることができます。
これを「食物酵素」と言います。

 

ただし、酵素は熱に弱く、50℃以上では働きが失活してしまうものが多いため、「食物酵素」は、新鮮な生の食材や発酵食品などからしか摂ることができません。これらを食べることで、「消化酵素」の手助けになり、消化がしやすくなります。

 

昔から日本人は味噌や醤油、納豆等発酵食品を毎日の食生活に上手に取り入れてきました。また、トンカツに添えられている生キャベツや、焼き魚に添えられた大根おろしは、肉や魚の消化を助けるための「食物酵素」の役目があるのです。

 

しかし、現在は酵素を多く含んだ野菜を摂取する機会も少なくなっているうえに、様々な食品添加物や水道水に含まれる塩素などの化学物質によって体内の酵素が破壊されてしまっているため、現代の日本人はどんどん酵素不足になってきています。

酵素飲料が必要とされる理由

純度100%の酵素飲料は、わかりやすく言えば液状の生野菜です。

 

ただし、家庭で作る生野菜ジュースや市販されている生野菜ジュースとは、その内容に大きな違いがあります。液体生野菜、正しくは純植物性複合酵素飲料といいます。

 

酵素飲料は非常に多くの野菜・果物・海藻・野草・穀物・樹液等からその栄養分だけを抽出し、酵母や食物酵素の働きで熟成発酵させた複合植物エキスで、多種類のビタミン・ミネラル・アミノ酸などの各種栄養素が天然の形で含まれています。また、お酢や梅干などと同じように体内でアルカリ性に変化するアルカリ食品です。

 

現代人は本来体の中で造られるべき酵素が材料不足のためできなくなっている状況です。そこで酵素の素になる酵母菌、ビタミン、ミネラルがたっぷりと入った酵素飲料を補給すると、「消化酵素」を節約し生命活動の源となる「代謝酵素」の生産を助けて新陳代謝を促し、体の中を正常に安定させることができます

まとめ

酵素とは人間が生きていくために不可欠な栄養素
人間の体内酵素(潜在酵素)は「消化酵素」と「代謝酵素」の二つに分けられる。
人間が酵素を一生涯に体内合成できる数には限りがあり、「消化酵素」を多く作りすぎると「代謝酵素」の生産量が少なくなる。
「消化酵素」を節約すれば「代謝酵素」が多く生産され、体内機能を向上させることができる。
酵素飲料は凝縮された液状の生野菜で「消化酵素」の浪費を防ぐ効果がある。

 

【参考】
優光泉酵素の小冊子−酵素で無理なくダイエット&健康管理「酵素ってなに?」
エッセンシア酵素ドリンク公式サイト「酵素って何?」

 
当サイトに掲載している体験レポは消費税5%時点の商品価格となっています。平成26年4月1日から消費税増税に伴い、各商品価格が変わっている場合がありますので、最新の価格については各商品の公式サイトにてご確認ください。