酵素ダイエットの仕方 プチ断食

プチ断食とは

朝食(あるいは夕食)1食を酵素ドリンクに置き換えて、夕食後から翌日の昼食まで(または昼食後から翌日の朝食まで)断食を行います。睡眠中は何も食べない状態なのでこの間も「断食中」と言えます。そのため英語では朝食のことをBreak(破る) fast(断食)=breakfast(朝食)と言うのですね。したがって、朝食は断食明けの状態なので、いきなりたくさん食べると胃腸に負担をかけてしまいます。

 

私たちが口から入れた食べ物は消化吸収を経てその残りカスが便となり肛門から排泄されます。ここまでに要する時間は早くて18時間といわれています。そこで、一日二十四時間のうちの12〜15時間、固形物を食べずに胃腸を休ませ、徐々に腸をきれいにしていくのがプチ断食の目的です。

 

プチ断食のやり方はいくつかありますが、最も体に負担の少ない方法が朝食を抜いて酵素ドリンクに置き換える方法です。例えば、夜の8時に夕食をとって翌日の朝食を酵素ドリンクに置き換え、正午に昼食を食べるようにすれば、合計16時間胃腸を休ませることができます

 

【参考】
「免疫道場」 安保徹+鬼木豊

プチ断食のやり方・優光泉酵素の場合

優光泉酵素

<朝食抜きの場合>
優光泉酵素20ccを水で4〜6倍に薄めて起きて直ぐに1杯、10時頃に1杯、昼食前に1杯、3回に分けて飲みます。
昼食は体を温めるお蕎麦などにネギ、七味とうがらし、わさび等の薬味をたっぷり使って食べるのがオススメ。
夜は普通の食事でOK

 

 

断食明けの昼食時には、脂っこいものや肉料理、甘いものは避けて、野菜中心の和定食やおかゆやうどん等あっさりした食事を心がけます。

 

<夕食抜きの場合>
昼食後2時間以上あけて間食したくなる頃(16時〜17時頃)に20cc飲みます。さらに夕食時に20cc飲みます。夕食を抜くとなるとどうしてもお腹が減りやすいので、さらにもう20cc飲んでも構いませんが、必ず次の日の朝食の直前には20ccを飲むようにしてください。

 

優光泉酵素販売元【断食道場】Shop店長 北島さんのアドバイス

食前の一杯の優光泉酵素

朝・昼・夜のいつの食事を抜いても構いませんので、とにかく食事を抜いた後の次の食事(朝食抜きの場合は昼、夕食抜きなら翌朝)の食前に必ず優光泉酵素を20ccお飲みください。とても重量なポイントです。一食を抜いて飢餓状態になっている時にそのまま食事をすると吸収がよくなりすぎるうえにたくさん食べて1食で2食食べるのと同じような状態になりかねません。必ず食前の一杯を忘れないようにしてください。

一口目は30回噛む

これも食べ過ぎないためのポイントです。プチ断食後に食事をする時の最初の一口目だけでいいですので必ず30回噛むようにしてください。最初の一口をよく噛めば全体の食事のペースがゆっくりになります。

 

優光泉酵素のプチ断食方法詳細はこちら。


プチ断食のやり方・ベジーデル酵素液の場合

ベジーデル酵素液

<夕食抜きの場合>
朝食、昼食は普段どおりの食事でOK
夕食の代わりにベジーデル酵素液を120ml飲みます。

ベジーデルの商品ガイド(商品に同封されている小冊子)にあるプチ断食(6日間Cコース)の写真は、通常通りの朝食と昼食が上記の図のようにかなりこってり系のメニューとなっていますが、先に書きましたように断食明けの食事は、胃腸に負担がかからないようにあっさりとした方がダイエットには効果的ですし体調にも良いですよ。

 

ベジーデル酵素液の飲み方詳細はこちら。


プチ断食のやり方・酵素八十八選の場合

酵素八十八選

<夕食抜きの場合>
朝食、昼食は普段どおりの食事でOK
夕食の代わりに酵素八十八選を45ml飲みます。

 

酵素八十八選の飲み方詳細はこちら。


当サイトに掲載している体験レポは消費税5%時点の商品価格となっています。平成26年4月1日から消費税増税に伴い、各商品価格が変わっている場合がありますので、最新の価格については各商品の公式サイトにてご確認ください。