酵素ドリンク 酵素ダイエット 夾吉

酵素ってなに?−人の寿命と酵素の関係

酵素とは

 

酵素は、人間を始めあらゆる生物の体内にあり、生命活動そのものに関わってくる栄養素です。
人間は食べ物を摂ったら必ずそれを分解して消化しなければ栄養として吸収することができません。その工程に絶対に欠かせないものが「消化酵素」です。消化された栄養分は吸収され、体を作っていきます。その工程を代謝と呼びますが、代謝に欠かせないものが「維持酵素」です。

 

消化と代謝

 

人が生きていく上で不可欠な2つの工程が、実は酵素の働きによって成り立っているのです。

 

この酵素が不足すると、消化不良を起こしてしまったり体内の代謝がうまくいかずに逆に体内毒素が蓄積されたりする結果になります。つまり、私たちの体の運動はすべて酵素の働きによって営まれているのです。

 

生きるために絶対に必要な心臓の活動も、呼吸をすることも、手足を動かすことも酵素なしでは成り立ちません。人は年とともに新陳代謝が遅くなり、ついには全く止まってしまいます。その新陳代謝になくてはならないものが「維持酵素」です。維持酵素なしでは細胞が分裂し新たな細胞を生み出すことができません。

 

これほど大切な酵素というものは、体内にある酵素の原材料というべき「潜在酵素」から生成されていきます。もともと人間は、植物から得た酵素を「潜在酵素」と引き合わせることによって、人体に欠かせない「消化酵素」と「維持酵素」を生み出していました

 

私たち人間は命の限りとして寿命というものを意識せざるをえないですが、寿命というものは、実は酵素の蓄えがある期間のことをさしているのです。
人間が酵素を一生涯に体内合成できるには数に限りがあり、潜在酵素を使い切った時に寿命が尽きるといわれています。

 

そしてもう一つ重要な点は、一定量に定まっている「潜在酵素」から「消化酵素」が優先して作られるということです。

 

つまり、「消化酵素」を多く作りすぎると「代謝酵素」の生産量が少なくなってしまうのです。

 

体内の特定の場所で多量の酵素が消費されると、ほかの場所で必要な酵素が不足する傾向があります。たとえば、油物や肉類など、いわゆる「消化の悪い食事」をすると、消化のために多量の「消化酵素」が必要となります。すると代謝酵素の生産量が減り、体内の代謝活動がおろそかになってしまうのです。 逆に、食べもの自体にも酵素が多く含まれる生野菜などは、体に負担をかけずに楽に消化することができます。

 

酵素とは
生物がつくりだす触媒作用をもつタンパク質で、生体触媒ともいう。生体内で行われるほとんどの化学反応は、酵素の触媒によって初めて進行するので、生命にとってはなくてはならないものである。

 

[出典:Yahoo!百科事典 執筆者:笠井献一 ]


酵素ドリンクの選び方〜おすすめランキングに惑わされない方法〜

酵素パワー、昔は洗剤、今はダイエット

今、酵素ブームで色々な酵素食品が販売されています。

 

一昔前は、「酵素パワー」と言えば○ップといった洗濯洗剤でしたが、酵素飲料を用いたファスティング(断食)ダイエットが、TVや雑誌で取り上げられてから、酵素=ダイエット食品というイメージが定着してきました。

 

そのほとんどが通販限定商品なので、ネット広告や口コミ情報を見て、酵素ドリンクに興味をもたれた方も多いと思います。でも、あまりにたくさんの商品が出回っているので、目移りしてしまって、どの商品を買えばいいのか迷ってしまいますよね。

 

当サイトは、管理人夾吉(きょんきち)が自分に合う酵素液を探すために実際に体験した酵素ドリンクによるファスティング状況をそのまま記録したものです。
酵素ドリンクの選び方や効果・効能の詳細については、姉妹サイトの「酵素ドリンクの選び方|おすすめランキングに惑わされない方法」の方に詳しくまとめていますので、興味のある方は、そちらのサイトもぜひご覧ください。

 

人気の酵素液について、私と同じような疑問を持った方も多いと思うので、酵素飲料をじっくり比較して選びたい人に参考にしていただけたら嬉しいです。ただし、私見もかなり混じっていますので、きょんきちの意見が正しいかどうかも含めて、各自でご判断くださいね。

 

(2015年4月吉日 夾吉)

当サイトに掲載している体験レポは消費税5%時点の商品価格となっています。平成26年4月1日から消費税増税に伴い、各商品価格が変わっている場合がありますので、最新の価格については各商品の公式サイトにてご確認ください。